ゲームの変化

最近のゲームの売上事情

最近のゲームソフト売上を見ると明らかに一昔前より下がっています。売上を伸ばしているゲームは、過去に売れたゲームか、大きく宣伝をしたゲームのみとなってしまっています。例えば今週一番売れているのは、FF零式のリメイクです。FFシリーズは人気ですし、宣伝も少しだけしていました。逆に、過去に販売された人気ゲームですが、売上においてはほんのわずかでした。過去に発売したとしても大ヒットしなければ意味がないのでしょうか。このように、少しマイナーなゲームは全く見向きもされず、静かに売上ランキングから消えていきます。ゲームソフト売上ランキングなどを見ても、圧倒的に一つか二つくらいのゲームソフトがとても売れて、ほかのゲームは全く売れない。という感じが多いです。一体どうしてこうなってしまったのでしょう。

消費者の需要との考え

今の時代、娯楽は手軽なものが求められています。仕事の時間などが長くて娯楽などにどっぷりつかれない方が、多いのでしょう。ゲームも例外ではありません。今の時代のゲームソフトは据え置きのソフトよりスマートフォンのアプリを遊んでいる方が多いです。スマートフォンのアプリは、手軽なのでみんなそちらに行っているのでしょう。あの有名なファイナルファンタジーシリーズなどもFFBEというスマートフォンアプリを出しています。FFBEとはFFをスマートフォンであそびやすいように作ったアプリですほかのゲーム会社もFFBEと同じようにスマートフォン用アプリを作っています。時代は据え置きの時間を使うゲームよりもFFBEのような、手軽なゲームを求めています。なのでゲームソフトが一昔前よりも、よく売れないのでしょう